プラセンタ美容液は美肌の最強の味方!おすすめ商品紹介と使用上の注意

美肌の強い味方として名高いプラセンタ美容液。特に美白効果で有名かと思いますが、実はプラセンタは美白に限らず、総合的に肌を美しくしてくれる美肌の味方なのです。ここでは正しいプラセンタ美容液の選び方と使い方をご紹介します。

プラセンタは美肌への強い味方になる!

女性の肌悩みは尽きないもの。美肌はみんなの憧れですが、いったい美肌のために何がいいのか情報が多すぎて混乱してしまっている、という方も多いのでは。

プラセンタもその1つとして、美肌にいい美容成分だといって随分前から取り上げられていますが、果たしてプラセンタの効果とは一体どんなものなのでしょうか。

美肌の強い味方となってくれるプラセンタの効果はもちろん、選び方やおすすめの商品を見ていきましょう。

プラセンタがもたらす美容の効果

ブラセンタはどんな効果を肌にもたらしてくれるのでしょうか?

肌トラブルを起こしにくくする

プラセンタとは胎盤から抽出されたエキスです。

胎児の成長を促す為に豊富な栄養を備えているプラセンタですが、特徴的な成分として、成長因子と呼ばれるものがあります。

成長因子の中でも、

  • EGF(上皮細胞増殖因子)
  • FGF(繊維芽細胞増殖因子)

という2つの成分が、美肌には大きな役割を果たしてくれます。

まずEGFは、肌の上皮細胞で働き、「上皮細胞成長因子受容体」という細胞増殖を担う物質と結合することによって、受容体を活性化させます。受容体が活性化するということは、つまり、盛んに細胞分裂が行われるようになるということでもあります。

それによって新しい細胞を作り出したり、成長を促して肌のターンオーバーを活性化させ、トラブルのある細胞を修復するよう働きかけるのです。

FGFは、EGFより深い肌の真皮で働き、美肌に欠かせないコラーゲンやエラスチンなどを生成する繊維芽細胞を活性化。肌に弾力やハリをもたらしてくれます。

主にこの2つの成分が、ハリがあり、トラブルのない肌へと導いてくれます。

美白になれる

上記のようにターンオーバーが活性化することでシミやくすみのもとになるメラニンの排出が促進され、肌が明るく、透明感を感じられるようになります。

またメラニン色素の生成に大きくかかわっているチシロナーゼという酵素の働きを抑制することによって、メラニン色素ができるのを防ぐともいわれています。

エイジング効果も大きい

プラセンタは活性ペプチドやビタミンC、ビタミンE、ミネラルを多く含んでおり、これらの成分は肌のエイジングの原因の一つである活性酸素を除去する作用を持っています。

SODと呼ばれる強力な活性酸素消化酵素もプラセンタには含まれているので、抗酸化作用が期待でき、アンチエイジングに効果があると考えられています。

プラセンタ美容液は成分で選ぶのがおすすめ

プラセンタ美容液を選ぶ際に注目したいのはその成分です。それぞれの特徴を見ていきましょう。

プラセンタエキスの成分は4種類ある

プラセンタには種類があり、現在化粧品には次の4種類が使用されています。

豚プラセンタ

現在化粧品やサプリメントに最もよく使用されているのが、豚由来のプラセンタです。

豚は多産、かつ一年に2回の出産時期があるので生産量が豊富で、流通量も多いため手に入りやすく、価格も比較的お手頃です。

ですがエキスにするために不純物を取り除く必要があり、抽出方法によってはプラセンタの有効成分まで損なわれていることがあります。

馬プラセンタ

豚プラセンタよりかなり多くのアミノ酸が含まれている上、豚プラセンタには含まれていない成分の含有も確認されています。

馬はもともと病気になりにくく、特に日本で流通しているものは管理の行き届いたサラブレッドの胎盤を利用したものがほとんどのため、高い安全性が望めます。

希少性が高いので、その分価格は高くなる傾向があります。

羊プラセンタ

海外では人気の羊プラセンタですが、アミノ酸の構成が豚や馬に比べてヒトに似ており、なじみやすく高い浸透性を持つ上、トラブルが出にくいといわれています。

日本においては狂牛病問題の影響によって羊由来の原料に規制がかかっており、非常に手に入りにくく、店頭で見かけることはほとんどないといっていいでしょう。

通販ならば、手に入るものもあるようです。

海洋プラセンタ

魚類は卵から生まれるので、胎盤は存在しません。

ですので厳密にいえばプラセンタではないのですが、卵を包んでいる成分「卵巣膜」という部分が動物性プラセンタとよく似ていることから、海洋プラセンタと呼ばれています。

現在使用されている海洋プラセンタは、サケのもののみです。

動物性との大きな違いは、9種の必須アミノ酸が含まれていること、そして美肌に必要なエラスチンを含んでいるため、高いアンチエイジング効果が期待できる、という点です。

逆に、動物性プラセンタに含まれている成長因子は含まれていません。

羊プラセンタと同様供給量が少ないため、希少で高価です。

無添加を選ぶ方が安心

海洋プラセンタは別ですが、特に動物性のものは胎盤という性質上、独特の匂いがあり保存期間も短期のものが多い成分といえます。

そのため、保存料や、匂いをごまかすための香料を使用したものも多く存在します。

プラセンタ製品を選ぶ際には配合されている成分に目を通し、できるだけ保存料や防腐剤、香料などを控えているものを選ぶ方が肌への刺激になりにくく、安心です。

プラセンタは肌トラブルのほとんどない安心成分

プラセンタは他の美容成分に比べて、トラブルが起こりにくいと言われています。

副作用はほとんどない

プラセンタは胎盤という部分を使用していることもあり、厳しい管理基準の下、製造されています。

これまで大きな問題が起きたこともなく、肌に使用する場合はあまり副作用はないと考えてよさそうです。

まれにですが、入っている成分が肌に合わず肌荒れを起こす場合もあるようです。

そういった場合には放置せず、皮膚科を受診するようにしましょう。

ニキビ悪化の危険も少ない

先に述べた通り、プラセンタは肌のターンオーバーを促して肌の生まれ変わりをサポートしてくれます。

プラセンタそのものが皮脂腺を刺激して皮脂量を増やしたり、毛穴を詰まらせたりすることはほとんどないといってもいいでしょう。

時に、肌の毒素や老廃物が排出される際に毛穴に触れてしまい、ニキビが悪化してしまうということがあるようです。

これは良くなる過程における好転反応であり、1~2週間で回復していくことが多いので、あまり心配せずに様子を見るようにしましょう。

2週間を超えて長いこと治らなかったり、悪化したり痛みを感じるようであれば炎症を起こしている可能性が高いので、皮膚科を受診するようにしてください。

口コミで人気のプラセンタ美容液ランキングTOP3

ここでは口コミで評判のプラセンタ美容液をランキング式でご紹介します。

1位 プラセンタファイン「プラセンタファインエクストレム」

貴重な北海道産の馬プラセンタを100%使用した原液美容液。

浸透力が高く、使うたびにハリ、弾力を感じる肌へと導きます。

不純物が極めて少なく、酸化防止剤や香料、石油系界面活性剤なども使用していません。

製品のフレッシュさを保つため、パッケージにもこだわり、真空パッケージを採用しています。

  • 10ml 12,960円(税込)
  • 初回限定10ml 6,300円(税込)

2位 フラコラ「WHITE’st プラセンタエキス原液」

厳しく管理された農場のみで飼育された国産SPF豚のプラセンタを100%使用。

さらりとした使用感で素早く浸透し、透明感のある肌へ。

この美容液に含まれているのは水、BG、プラセンタエキス、プロパンジオール、フェノキシエタノールのみと、とてもシンプルな処方です。

  • 15ml 980円(税込)
  • 30ml 3,600円(税込)

3位 ジャパンギャルズ「ピュアビューエッセンス(PL)」

プラセンタ化粧品材料原液を加工せずに100%使用。

こちらも全成分が水、プラセンタエキス、フェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノンのみ。

余計なものは入れず、プラセンタの効果をダイレクトに実感できる濃厚な美容液です。

  • 25ml 1,200円(税込)

プチプラでも効果大の市販のプラセンタ美容液ランキングTOP3

お手軽に手に入るプチプラでも、プラセンタ美容液は大人気のようです。

1位 ダイソー「濃密美容液」

ダイソー「濃密美容液」のプラセンタは、日本製。

無香料、無鉱物油、エタノールフリーと、肌に優しく、敏感肌にも使用できます。

値段以上の働きをしてくれると大人気、品切れしていることが多く、何軒も回っても手に入らないこともあるようです。

  • 15ml 108円(税込)

2位 WHITE LABEL「金のプラセンタもっちり白肌濃美容水」

国産のプラセンタに加えてコラーゲン、セラミドやヒアルロン酸を配合。

乾燥やくすみをケアして、ハリのあるもちもち肌へと導きます。

化粧水と美容液が一つになったタイプなので、お手入れの手間が一つ省けるのも嬉しいポイント。

主なドラッグストアに置いているので、プラセンタデビューにもおすすめです。

  • 180ml 1,200円(税抜)

3位 DHC「プラセンタ コラーゲン オールインワンジェル [F1]」

2種類のプラセンタに加えて、2種類のコラーゲンやビタミンE、セラミド、エラスチン、ヒアルロン酸など、美白やハリ、うるおいもケアしてくれる贅沢なオールインワンジェル。

たくさんの美容成分を配合しているのにお手軽なお値段で、コストパフォーマンスのよさも魅力です。

洗顔後これ一つでケアが済んでしまうので、ケアに時間を取られたくない方、産後育児で忙しいママにも人気があります。

  • 100g 1,700円(税抜)

正しいプラセンタ美容液の使い方

どれだけ優れた美容成分でも、正しく使用しなければ効果も半減。最大限に効果を引き出すためにも、正しく使用することが大切です。

顔につけるのは洗顔直後がいい

プラセンタ美容液を使用するタイミングは、洗顔した後すぐがベスト。

高い浸透力をもっているので、洗顔後の肌に直接塗ると肌の奥深くまで浸透して、存分に効果を発揮してくれます。

保管は冷蔵庫ですること

プラセンタは、原料が生物由来の繊細な美容成分。

冷蔵庫で保管するよう指示のあるものも多いので、きちんと指示されている通りの方法で保管してください。

誤った保管の仕方をすると、美容液内で細菌が繁殖してしまう場合もあります。

また、使用期限が決められているものもあるので、プラセンタ美容液を購入した際は良く使用上の注意を読むようにしましょう。

必ず主成分など細かく確認してから購入しよう

美白にアンチエイジングと、肌に嬉しい効果を持つプラセンタ。

プラセンタには種類があり、一緒に配合される成分も様々なので、購入の際には必ず成分をしっかりと確認してから購入することを忘れないでください。

保管場所や使用期限をしっかり守り、正しく使用してプラセンタのパワーで美肌を手に入れましょう!